2013年05月05日

岩戸開き 海南神社面神楽


amaterasu2111.jpg

「岩戸開き」

高天原での弟スサノオの乱暴を嘆いたアマテラスが、天岩戸に身を隠してしまい、世界は太陽のない真っ暗な闇となってしまう。知恵を絞った八百万の神々が岩戸の前でどんちゃん騒ぎを行い、アマテラスの気を引き、顔を出したアマテラスを外に引き出します。

太陽神アマテラスが岩屋戸から姿を現し、世界は元の明るさを取り戻しました。

サルタヒコ 岩戸開き 海南神社面神楽 1


sarutahiko2398.jpg

導きの神、サルタヒコ。

フトダマ 岩戸開き 海南神社面神楽 2


futodama2024.jpg

布刀玉命(ふとだまのみこと)。御幣の舞を舞う。祭祀を司る、祝詞の神。

アメノコヤネ 岩戸開き 海南神社面神楽 3


amenokoyane2035.jpg

天児屋根命(あめのこやねのみこと)、榊を手に舞う。

※海南神社面神楽番組表では天皃屋根命と表記

祭祀を司る祝詞の神。中臣連の祖神。中臣鎌足を祖とする藤原氏の祖先の神。


タマオヤ 岩戸開き 海南神社面神楽 4


tamaoya2052.jpg

玉祖命(たまおやのみこと)、剣の舞。

三種の神器、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作った神。

イシコリドメ 岩戸開き 海南神社面神楽 5


isikoridome8297.jpg

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)、扇の舞。

三種の神器、八咫鏡(やたのかがみ)を作った老女神。

アメノウズメ 岩戸開き 海南神社面神楽 6


uzume2083.jpg
天鈿女命(あめのうずめのみこと)。笹を手に舞う。

芸能の神。天岩戸開きの際、性器を丸出しにした神懸かりの舞いで神々の笑いを誘い、アマテラスの心を捉えた。アメノウズメの舞いは、神楽舞いの祖とされる。

アメノウズメとサルタヒコ 岩戸開き 海南神社面神楽 7


uzume2017.jpg

古事記日本神話では、アメノウズメとサルタヒコの邂逅は「岩戸開き」のはるか後のエピソード「天孫降臨」の段であり、この場面は本来まだなのですが、この海南神社面神楽では思兼命(おもいかねのみこと)の代わりにサルタヒコが登場しています。

「天孫降臨」の後、サルタヒコとウズメは夫婦になったとされます。江戸の里神楽などですと天孫ニニギノミコトの前で「相生いの舞い」を舞うサルタヒコとウズメが見られます。

アメノウズメ 岩戸開き 海南神社面神楽 8


uzume8309.jpg

芸能の神、アメノウズメ。神懸かりの舞で八百万の神々を大いに笑わせたアメノウズメは、福の神、お多福の祖でもあります。

お正月に一家揃って楽しむ福笑いの遊びは、アメノウズメが私たちを楽しませて下さっているのですね (^ω^)

タヂカラオ 岩戸開き 海南神社面神楽 10


tadikarao2412.jpg

楽しそうな外の騒ぎに気を引かれ、アマテラスは天岩戸を細く開け様子を伺う。そこを捉えた天手力男命(あめのたじからおのみこと)が岩戸を開けようとする・・。

アマテラス 岩戸開き 海南神社面神楽 12


amaterasu8341.jpg

天岩戸から姿を現した、天照大御神。世界に太陽の光が戻った。


岩戸開き 海南神社面神楽 13


amaterasu2136.jpg

導きの神サルタヒコの先導で練り歩く、アマテラスと八百万の神々。

タヂカラオ 岩戸開き 海南神社面神楽 14


tadikarao2149.jpg

八百万の神々のご退場の後、残ったタヂカラオの勇壮な舞いで、海南神社面神楽「岩戸開き」の段の締めとなった。