2006年11月23日

天然寺修正鬼会


tennenjionie01.jpg

大分県国東地方に伝わる「鬼会」。おにえと読みます。鬼は人間の先祖であるとされ、鬼に会う事は目出度い事とされている、と聞きました。「鬼を追い払う」のではなく、「鬼に姿を変えた仏を出迎える」という平安朝以来の珍しい考えのもとに行われる、とも解説されています。

毎年旧正月7日他、豊後高田市の天念寺、国東市の岩戸寺、成沸寺で鬼会は開かれ、1300年の歴史を持つ天然寺の鬼会は国指定重要無形民俗文化財となっています。
posted by bonso at 04:37 | Comment(0) | 大分県の民俗芸能

天然寺修正鬼会


tennenjionie02.jpg

国家安泰、五穀成就、無病延命を祈願する法会等の後、鈴鬼(男女)の舞が荒鬼を呼び込みます。
posted by bonso at 04:36 | Comment(0) | 大分県の民俗芸能

天然寺修正鬼会


tennenjionie03.jpg

赤鬼と黒鬼の荒鬼は松明を振り回す演舞、そして見物客を屈ませ松明で肩や背中を叩いて回ります。これが1年間の無病息災に繋がるといいます。私も色んなところで散々ぶっ叩かれ、これまで何年分無病息災になったか分かりません。皮の上着もカメラバッグも松明の火で穴が開きました(笑)。
posted by bonso at 04:35 | Comment(0) | 大分県の民俗芸能

ケベス祭り


ケベス祭り
posted by bonso at 04:34 | Comment(0) | 大分県の民俗芸能

ケベス祭り


ケベス祭り
posted by bonso at 04:33 | Comment(0) | 大分県の民俗芸能